強度と長さ調節を兼ね備えた、ハンモックの神的ロープワークを伝授。

ハンモックのロープワーク

ハンモックの張り具合を調節するのに苦労した経験はありませんか?
特にキャンプのときなど、ロープの長さを調節する度に結び直したりというのはとても煩わしいですよね。

そこで今回ご紹介するのは、

  • 人が乗っても十分に耐えることができる強度
  • 結んだまま長さ調節ができてしまう
  • 結び方がとにかく簡単

という願ったり叶ったりのロープワークです。

その名も、”調節可能グリップヒッチ”。

ハンモックのロープワーク

英語だと、”adjustable grip hitch”。
輪っかの大きさを可変することで、長さ調節が可能になるという、ふた結びの強化版といったところでしょうか。

輪っかを抑えながら結び目を下に引っ張ると、

ハンモックのロープワーク

輪っかが大きくなるし、

結び目を上方向に絞り上げると、

ハンモックのロープワーク

輪っかが小さくなります。

これをハンモックに応用すれば、
ハンモックをもっとピンッと張りたいときは輪っかを大きくし、
逆にゆるめたいときは輪っかを小さくすればいいということになります。

調節可能グリップヒッチは、他にどんなことに使える?

結び目を抑えながらロープを引っ張ると、輪っかが締まるロープワークなので、
棒状のものを縛り付けたいとき、支柱にロープを縛り付けたいときなどに便利です。

ロープワークの手順

準備するロープ

私が愛用しているのは、ナイロン製やポリエステル製、テトロンといった耐候性があって強度もあるブレイドロープです。太さは8mmがおすすめです。

MEMO
8mmだと結んで荷重をかけた後にひもが解きやすいです。
その太さ以下だと、解きにくいのが難点。

①先端から40cmくらいのところで折り返す。

ハンモックのロープワーク

今後の説明をわかりやすくするため、ロープをそれぞれ【A】、【B】とします。
このように、ロープをだいたい40cmくらいのところで折り返します。

②【A】を【B】に上から交差させ、輪っかを作る。

ハンモックのロープワーク下からではなく、上からです。間違わないように。
輪っかの大きさは直径15cm〜20cmを目安にしましょう。

③【A】を【B】に2回巻きつける。

ハンモックのロープワーク

上から交差させて、1回巻きつけ。さらにもう1回巻きつけます。

ポイント
この画像では、巻きつけ部分を見やすくするためにゆるくしていますが、強度を増すために少しきつめに巻きつけるようにしましょう。

④【A】を、輪っかを巻き込む形で1周させて、③でできたいちばん上の巻きつけの中に差し込む。

ハンモックのロープワーク

【A】をグルンと1周させることで輪っかが完成するわけですね。

⑤きつく引っ張りながら、結び目を整える。

ハンモックのロープワーク

結び目を抑えながら【A】を引っ張ったり、

ハンモックのロープワーク

結び目の上側を抑えながら、画像の《A’》部分を上に引っ張ったり。
これを交互にしていくと結び目が硬くなるのがわかると思います。

⑥完成

ハンモックのロープワーク


輪っかに荷重を掛けながらBを引っ張ってみて、輪っかの大きさが変わらなければ完成です。

ハンモックに乗る前に要確認
荷重を掛ける前に、必ずロープを引っ張って結び目が緩まないか確認するのをお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です